いちにち体験入門


今年3月にちょっぴりお手伝いしました梨灰つくり。

<3月のブログ>
美味しい梨から陶器の灰釉へ

梨灰回収のお手伝い

三ヶ月を経て、梨灰の灰汁取りが完了したので、
梨灰を細かいメッシュのふるいにかけて濾す作業と、
ロクロ作業などで、余った粘土を再生する作業を体験するため、
南雲英則先生の工房にお邪魔しました。

左上は、レクチュア中の南雲先生。
この農業カゴに古シーツを敷いて、そこに濾した梨灰を入れて1~2ヶ月かけて
乾燥させるのです。とおっしゃっています。

右下は、余って回収した粘土を天日干し作業中のわたくし。

“>いちにち体験

益子焼笠間焼販売 益子や

“>益子焼通販専門店 ネットショップ益子や

  1. No comments yet.
(will not be published)