益子今昔 つかもと編


昨日、益子を訪れた際に、益子焼最大の窯元「つかもと」の現在の写真を撮ってきました。
12月2日ブログ掲載した昭和四十年頃の写真(出展:益子町史)と見比べると、
「つかもと」さんが守っているものと、今の事業形態の一端が見えます。
けやきでしょうか整然とした大木の並木、土蔵、古い建物、工場などはそのまま残っています。
手前側の畑は、駐車場と陶器売店(茶色の建物)となりました。

つかもと-1
“>つかもと昔1“>つかもと1

つかもと-2
“>つかもと2昔
“>つかもと2
【おまけ】
おしまいは、我が家の焼酎お湯割りなどで活躍中の
向山文也さん作「境紋釉彩フリーカップ」です。
“>向山文也 境紋釉彩フリーカップ

“>益子焼通販専門店 ネットショップ益子や

  1. No comments yet.
(will not be published)