内臓ストロボにティッシュをかけました


きょうは、運営サイトの来年1月特集のため、
陶芸家 向山文也さんの工房を訪ね、制作のようすを取材しました。
デジカメで撮影する際、ストロボのテカリが気になってしまいます。

そこで、きょうはティッシュペーパーを内臓ストロボに
かぶせてテカリを抑えてみました。
やってみると、フォトショップで補正しているのでわかりにくいですが、
光量不足で暗い画面になってしまいます。

しかも、連続して撮影するとファインダー内にエラー表示され、
シャッターが降りなくなってしまいます。電源再投入すれば復旧しますが。
きょうはティッシュを使いましたが、やはり専用のディフューザーか、
バウンス撮影をしたほうがよいですね。

向山さん、いろいろとお世話になりました。ご協力いただきありがとうございます。

1.仕上げ成形、高台削りのようす。
  さすがプロ!作業の目覚しいスピードと仕上がり。
“>向山文也さん制作風景

2.両手で包み込むように持って使う大きめの湯飲みです。
  左は象嵌や釉を施して本焼をまつもの
  右は焼きあがった湯飲み。
  色はこんなに変化し、水分のとんだあとの大きさはこうなります。
“>向山文也さん湯飲み

益子焼専門店 益子や

“>益子焼通販専門店 ネットショップ益子や

 

  1. No comments yet.
(will not be published)